反応しやすい食材


キャットフードによく含まれている食材の中で、アレルギー反応を起こしやすい食材と言えば、牛肉と魚が多くなっています。もし飼っている猫にアレルギー反応が出た場合には、牛肉や魚を使用していないか確認してみましょう。実はこの2つの食材によって引き起こされる猫の食品アレルギーは、双方とも15パーセント以上となっているのです。そこで牛肉を使用しているキャットフードは即座に止めるべきでしょう。

問題なのは魚なのですが、魚と言っても種類がたくさんあります。どの魚でアレルギーが引き起こされているのかは、やはり動物病院で検査をしてみないと分かりません。他にも鶏肉や乳製品、トウモロコシや小麦などでアレルギー症状が出てしまうこともあるので、これらの食材にも注意しておかないといけません。よって食物アレルギーが出た場合には、動物病院へ行って受診することが大切です。いくら原因がわかっても、その食品だけを抜いてしまうと、今度は栄養バランスが崩れてしまうので、きちんと獣医師に相談をしておきましょう。

ちなみに、キャットフード通販≪CANAGAN≫では、トウモロコシ・小麦などの穀物を使用していないキャットフードを販売しています。また、猫はタンパク質からエネルギーを得ているので、人間が食べられる新鮮なチキンを使用しています。キャットフードにお困りの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

多く出る症状


猫の食品アレルギーの主な症状というのは複数存在しています。まずはどのような症状が出やすいのかを知っておくことで、早めの対策が打てるようになるのです。猫の食品アレルギーで出やすい症状というのは、下痢や嘔吐など消化器官の異常でしょう。このような症状が出たら、アレルギーであるかどうかに関係なく、すぐ動物病院を受診させなければいけません。

食品アレルギーだと侮っていると、命に関わることもあるのです。他にも全身がかゆくなるという症状が多くなっています。これは犬でも同様で、掻きむしってかゆい部分の毛が抜け落ちてしまい、脱毛症のような状況になってしまうのです。この場合もきちんと観察をしていれば発見しやすくなっています。中には発見しにくい症状もあるのですが、それはお腹が鳴る場合や、お腹が張る症状です。

見た目ではわかりにくいですし、お腹が鳴ったとしてもアレルギーが原因だと考えないで、そのまま放置しておく人も多いでしょう。もちろんアレルギーが原因でこのような症状が出ているとは限りませんが、出る可能性があるということも覚えておくべきです。猫によっては外耳炎を起こしてしまう場合や、熱を出してしまうこともあるので、食品アレルギーには十分注意しないといけません。

猫のアレルギー


人間もアレルギーになる人が近年増加しているのですが、猫もアレルギーになることがありますし、やはり増加傾向にあります。猫の場合にはどのようなアレルギーが存在しているのかというと、やはり室内で飼うことが多いため、部屋の環境が悪いことで呼吸器のアレルギーを発症することがあります。しかし、最も多いのは食物アレルギーです。簡単に言えばキャットフードが原因でアレルギー症状が発症しているということになります。

室内の環境を変えるのは難しいのですが、キャットフードを変更することは簡単にできます。よって自分が飼育している猫に異常が見られ、動物病院でアレルギーだと診断された場合には、まずキャットフードよく確認してみましょう。できれば今まで与えていたキャットフードを持参すると、より判断がしやすくなりますし、良心的な動物病院であれば、すぐに原因を特定できるはずです。特に近年は人間が食べる食品にも添加物がたくさん使用されていることが多いでしょう。

これはキャットフードでも同じことが言えるのです。キャットフードの中に添加物が大量に混ぜ込まれており、これが原因でアレルギー症状を起こしてしまう猫が増えていると言えるでしょう。そのため、原因が特定できたら、すぐにキャットフードを変えましょう。無添加でアレルギーを引き起こす可能性のある原材料を使用していない物を与えるべきです。当サイトでは猫のアレルギーについて触れているのですが、特にキャットフードに関するアレルギーについて解説しているので、参考になればと思います。