反応しやすい食材


キャットフードによく含まれている食材の中で、アレルギー反応を起こしやすい食材と言えば、牛肉と魚が多くなっています。もし飼っている猫にアレルギー反応が出た場合には、牛肉や魚を使用していないか確認してみましょう。実はこの2つの食材によって引き起こされる猫の食品アレルギーは、双方とも15パーセント以上となっているのです。そこで牛肉を使用しているキャットフードは即座に止めるべきでしょう。

問題なのは魚なのですが、魚と言っても種類がたくさんあります。どの魚でアレルギーが引き起こされているのかは、やはり動物病院で検査をしてみないと分かりません。他にも鶏肉や乳製品、トウモロコシや小麦などでアレルギー症状が出てしまうこともあるので、これらの食材にも注意しておかないといけません。よって食物アレルギーが出た場合には、動物病院へ行って受診することが大切です。いくら原因がわかっても、その食品だけを抜いてしまうと、今度は栄養バランスが崩れてしまうので、きちんと獣医師に相談をしておきましょう。

ちなみに、キャットフード通販≪CANAGAN≫では、トウモロコシ・小麦などの穀物を使用していないキャットフードを販売しています。また、猫はタンパク質からエネルギーを得ているので、人間が食べられる新鮮なチキンを使用しています。キャットフードにお困りの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。