猫のアレルギー


人間もアレルギーになる人が近年増加しているのですが、猫もアレルギーになることがありますし、やはり増加傾向にあります。猫の場合にはどのようなアレルギーが存在しているのかというと、やはり室内で飼うことが多いため、部屋の環境が悪いことで呼吸器のアレルギーを発症することがあります。しかし、最も多いのは食物アレルギーです。簡単に言えばキャットフードが原因でアレルギー症状が発症しているということになります。

室内の環境を変えるのは難しいのですが、キャットフードを変更することは簡単にできます。よって自分が飼育している猫に異常が見られ、動物病院でアレルギーだと診断された場合には、まずキャットフードよく確認してみましょう。できれば今まで与えていたキャットフードを持参すると、より判断がしやすくなりますし、良心的な動物病院であれば、すぐに原因を特定できるはずです。特に近年は人間が食べる食品にも添加物がたくさん使用されていることが多いでしょう。

これはキャットフードでも同じことが言えるのです。キャットフードの中に添加物が大量に混ぜ込まれており、これが原因でアレルギー症状を起こしてしまう猫が増えていると言えるでしょう。そのため、原因が特定できたら、すぐにキャットフードを変えましょう。無添加でアレルギーを引き起こす可能性のある原材料を使用していない物を与えるべきです。当サイトでは猫のアレルギーについて触れているのですが、特にキャットフードに関するアレルギーについて解説しているので、参考になればと思います。