多く出る症状


猫の食品アレルギーの主な症状というのは複数存在しています。まずはどのような症状が出やすいのかを知っておくことで、早めの対策が打てるようになるのです。猫の食品アレルギーで出やすい症状というのは、下痢や嘔吐など消化器官の異常でしょう。このような症状が出たら、アレルギーであるかどうかに関係なく、すぐ動物病院を受診させなければいけません。

食品アレルギーだと侮っていると、命に関わることもあるのです。他にも全身がかゆくなるという症状が多くなっています。これは犬でも同様で、掻きむしってかゆい部分の毛が抜け落ちてしまい、脱毛症のような状況になってしまうのです。この場合もきちんと観察をしていれば発見しやすくなっています。中には発見しにくい症状もあるのですが、それはお腹が鳴る場合や、お腹が張る症状です。

見た目ではわかりにくいですし、お腹が鳴ったとしてもアレルギーが原因だと考えないで、そのまま放置しておく人も多いでしょう。もちろんアレルギーが原因でこのような症状が出ているとは限りませんが、出る可能性があるということも覚えておくべきです。猫によっては外耳炎を起こしてしまう場合や、熱を出してしまうこともあるので、食品アレルギーには十分注意しないといけません。